婚約指輪とお返し

婚約指輪情報サイト

結婚は二人の問題ではなくお互いの家をつなげると言う意味もありますから、結納と言う始まりに婚約指輪を用意する時はお返しについて予め話し合って円滑に進むようにしましょう。

婚約指輪とお返し

婚約指輪を渡す場面が両家の顔合わせの席というのが増えているのは、古来からの日本の結納を簡略化したケースが増えているからでしょう。

その際に二人の間で確認しておきたいのは婚約指輪のお返しについてです。

二人でお金を出し合って購入した場合は女性からのお返しは不要です。

男性や男性の両親がお金を出して買ったものだったら、女性側はお返しをするのが一般的で、その際にたいていは半返しといって指輪の価格の半分相当のものを贈るようです。

女性側が全く気づいて無い場合もありますのでそれとなくお返しがいるのかいらないのかクリアにしておいたほうが両家の関係が穏便に作られることでしょう。

常識の無い嫁というレッテルをもし張られてしまうと後々の関係に支障が出てしまいます。

今後妻として自分の家の人間とも付き合っていく愛する女性の立場を考えて、夫としてうまく気を回せるようになりたいですね。

女性からのプレゼントとしては腕時計やカバンなど実用的なものをお返しにすることが多いようです。

また、指輪を作るのには、凝ったものだと半年近くかかることもあり結納品として顔合わせなどで使う場合はそうしたスケジュールを念頭に入れて遅れないように用意しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

▼お役立ちWEBサイト

日本ジュエリーデザイナー協会

▼新着記事


Copyright (C) www.proyectaconformica.com. All Rights Reserved.

婚約指輪情報サイト