キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 婚約指輪情報サイト

婚約指輪はやっぱりダイヤ

婚約指輪情報サイト

日本でも古くからの結納に変わって、婚約の際には指輪を用意するのが一般的になってきて、婚約指輪には品格の高いダイヤモンドをつけるカップルがほとんどのようです。

婚約指輪はやっぱりダイヤ

婚約指輪は結婚指輪のように日常使いというよりも、特別なときに使う装飾品としての役割が大きいようです。
宝石の付いたもので、高額なものというのが定石です。

さらに、婚約の誓いを表すために男性から女性へと贈られる証と言う意味も持っています。

日本では結納の品の中に加わる形で始まりました。
現在では結納はしなくても、プロポーズや両家の顔合わせの際に準備する男性が多くなっています。
婚約指輪を渡した時=婚約したタイミング、という訳ですね。

婚約指輪は一般的に給料3か月分などといわれ、値段が高いイメージがあります。
その理由として、宝石にダイヤモンドが選ばれることが主流となったことが考えられます。

もちろん、誕生石や真珠でも充分なのです。
テレビCMなどの影響もあり、今では婚約指輪といえばダイヤモンド付き、と思われるようです。
プラチナのリングとの組み合わせが人気で、多く出回るようになりました。

男性から女性への求婚の際のプレゼントとしてダイヤモンドがふさわしいとされるのは、永遠の輝きや堅い絆を持つイメージなのでしょう。

しかし、最近は不況や結婚適齢期世代の収入の低さなどからも従来の高級ブランドのものよりもすこし値段を抑えたブランドのものが注目されています。
高いブランド物よりも、二人だけのオリジナルをつくるカップルも増えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

▼お役立ちWEBサイト

日本ジュエリーデザイナー協会

▼新着記事


Copyright (C) www.proyectaconformica.com. All Rights Reserved.

婚約指輪情報サイト